外来生物法施行後の釣り大会の運営について
環境省野生生物課から滋賀県釣り団体協議会への回答

滋賀県釣り団体協議会から環境省宛に、オオクチバス釣り大会の際のバスの取り扱い方法について正式に質問したところ、下記のようなご回答を頂きました。

プリント用PDFファイルはこちら↓

以下、環境省からの回答全文



衆議院議員 山名靖英 殿
滋賀県釣り団体協議会会長 加藤誠司 殿


環境省野生生物課

「外来生物法施行後の釣り大会の運営についてのお願い」について

 日ごろお世話になっております。

 さて、標記については添付のとおり整理することといたしますのでご理解をいただくとともに、周知にご協力をお願いいたします。


個別具体的な釣り大会の整理

1.          釣り大会と外来生物法の関係まとめ

(運搬)

釣った河川・湖沼の河岸・湖岸に隣接する道路に至らない範囲での生きたオオクチバスの運び移しは「運搬」には当たらない(河岸・湖岸隣接道路に至らなければ、公園、マリーナ、漁港等の区域内での取り扱いも同様)。

(保管)

釣った河川・湖沼に戻すか殺処分することが明らかな状況で、数時間生きたオオクチバスの取り扱うことは、「保管」には当たらない。

(譲渡し等)

釣り人が、大会主催者に検量のためにオオクチバスを一旦預け、検量後直ちに返却してもらうなど、当該釣り人が当該特定外来生物の「事実上の支配」を継続していると認められる場合には、「譲渡し等」には該当しない。

しかし、以下の行為については法に抵触するため対応が必要。

行為内容

外来生物法への抵触

必要な対応

釣り大会で釣ったオオクチバスを、釣り大会後もリリースせず、生きたまま取り扱う

「保管」に該当

釣ったオオクチバスは、釣り大会終了までにリリースするか、殺処分する

釣ったオオクチバスを、生きたまま釣った河川・湖沼以外の河川・湖沼に運び移す

「運搬」に該当

釣ったオオクチバスを生きたまま運び移す場合は、釣ったのと同一湖沼若しくは釣ったのと同一性・一体性のある河川水域又はそれぞれに隣接する陸地の範囲で行う

釣ったオオクチバスを、釣った河川・湖沼に隣接する湖沼周回道路等を経て検量所に生きたまま運び移す

釣り大会を、複数の湖沼や河川の一定水域と言えない範囲で開催し、当該開催地内で、釣ったオオクチバスを生きたまま運び移す

釣り大会の開催は、同一湖沼又は河川の一定水域に限って行う

釣ったオオクチバスを、生きたまま釣った河川・湖沼以外の河川・湖沼で放つ

「運搬」に係る「放つこと」に該当

キャッチアンドリリースは、釣ったのと同一湖沼若しくは釣ったのと同一性・一体性のある河川水域又はそれぞれに隣接する陸地から行う

釣ったオオクチバスを大会主催者が検量するために、釣り人が長時間当該オオクチバスを大会主催者に預ける

「譲渡し等」に該当(オオクチバスに係る「事実上の支配」が大会主催者に移ったと考えられる)

検量に際し、釣り人は常時立ち会い、「事実上の支配」を継続する

釣ったオオクチバスを大会主催者が検量し、その後大会主催者が釣った湖等にリリースする

「譲渡し等」に係る「放つこと」に該当(「譲渡し等」に関し、オオクチバスに係る「事実上の支配」は大会主催者に移ったと考えられる)

検量に際し、釣り人は常時立ち会い、「事実上の支配」を継続するとともに、キャッチアンドリリースは、釣り人自ら行う


2.個別具体的な釣り大会への当てはめ

○パターン1

主催者

釣具店

大会受付け

釣具店店頭にて開催2週間前から

参加者

近隣の釣人、住所氏名を確認の上受付け

開催場所

琵琶湖

当日受付場所

なぎさ公園

大会のルール

朝6時〜7時:受付けの上、各自琵琶湖の釣り場に向かう

自動車での移動も可

検量時間11時〜12時

当日最大の魚を活かしたまま大会会場に持ち込み検量

ビニール袋、クーラーなどにエアーを入れること

検量方法

生きた魚の重量をかごに入れて計る

検量後の魚の取扱い

参加者に返す(各自の責任において処理)

表彰

重量順に表彰、解散

(外来生物法上の整理)

オオクチバスを、釣った湖に戻すか殺処分することが明らかな状況で、数時間保持することは「保管」には該当しない。

(なぎさ公園が湖岸隣接道路より内側にあるのであれば)なぎさ公園まで運び移す行為は、当該行為は同一性・一体性のある場でなされていると解されるため「運搬」には該当せず。ただし、湖岸隣接道路で運び移す行為は、徒歩であれ自動車であれ、エアーを入れたビニール袋、クーラーなどにオオクチバスを入れて行う限り「運搬」に該当する。

開催地を湖及びその隣接陸地(湖岸隣接道路に至らない範囲)に限り、かつ、当該湖でのリリースか殺処分を確実に行えば、外来生物法に抵触せず開催可能。

検量については釣り人が常時立ち会い、リリースは釣り人本人が行わないと「譲渡し等」違反や「放つこと」違反となる。

○パターン2

主催者

釣具店

大会受付け

釣具店店頭にて開催2週間前から

参加者

近隣の釣人、住所氏名を確認の上受付け

開催場所

琵琶湖

当日受付場所

なぎさ公園

大会のルール

朝6時〜7時:受付けの上、各自琵琶湖の釣り場に向かう

徒歩及び自転車で移動

検量時間11時〜12時

当日最大の魚を活かしたまま大会会場に持ち込み検量

ビニール袋、クーラーなどにエアーを入れること

検量方法

生きた魚の重量をかごに入れて計る

検量後の魚の取扱い

参加者に返す(各自の責任において処理)

表彰

重量順に表彰、解散

(外来生物法上の整理)

オオクチバスを、釣った湖に戻すか殺処分することが明らかな状況で、数時間保持することは「保管」には該当しない。

(なぎさ公園が湖岸隣接道路より内側にあるのであれば)なぎさ公園まで運び移す行為は、当該行為は同一性・一体性のある場でなされていると解されるため、「運搬」には該当せず。ただし、湖岸隣接道路で運び移す行為は、徒歩であれ自転車であれ、エアーを入れたビニール袋、クーラーなどにオオクチバスを入れて行う限り、「運搬」に該当する。

開催地を湖及びその隣接陸地(湖岸隣接道路に至らない範囲)に限り、かつ、当該湖でのリリースか殺処分を確実に行えば、外来生物法に抵触せず開催可能。

検量については釣り人が常時立ち会い、リリースは釣り人本人が行わないと「譲渡し等」違反や「放つこと」違反となる。

○パターン3

主催者

釣具店

大会受付け

釣具店店頭にて開催2週間前から

参加者

近隣の釣人、住所氏名を確認の上受付け

開催場所

琵琶湖

当日受付場所

ボートマリーナ

大会のルール

朝6時〜7時:受付けの上、各自琵琶湖の釣り場に会場マリーナからエンジン付きボートで向かう

検量時間11時〜12時

当日最大の魚を活かしたまま大会会場に持ち込み検量

ビニール袋、クーラーなどにエアーを入れること

検量方法

生きた魚の重量をかごに入れて計る

検量後の魚の取扱い

参加者に返す(各自の責任において処理)

表彰

重量順に表彰、解散

(外来生物法上の整理)

オオクチバスを、釣った湖に戻すか殺処分することが明らかな状況で、数時間保持することは「保管」には該当しない。

ボートマリーナで運び移す行為は、当該行為は同一性・一体性のある場でなされていると解されるため、「運搬」には該当せず。

開催地を湖及びその隣接陸地(湖岸道路に至らない範囲)に限り、かつ、当該湖でのリリースか殺処分を確実に行えば、外来生物法に抵触せず開催可能。

検量については釣り人が常時立ち会い、リリースは釣り人本人が行わないと「譲渡し等」違反や「放つこと」違反となる。

○パターン4

主催者

釣具店

大会受付け

釣具店店頭にて開催2週間前から

参加者

近隣の釣人、住所氏名を確認の上受付け

開催場所

琵琶湖

当日受付場所

レンタルボート店

大会のルール

朝6時〜7時:受付けの上、各自レンタルボートで釣り場に向かう

大会参加者と識別がつく帽子を着用

検量時間11時〜12時

当日最大の魚を活かしたまま大会会場に持ち込み検量

ビニール袋、クーラーなどにエアーを入れること

検量方法

生きた魚の重量をかごに入れて計る

検量後の魚の取扱い

参加者に返す(各自の責任において処理)

表彰

重量順に表彰、解散

(外来生物法上の整理)

オオクチバスを、釣った湖に戻すか殺処分することが明らかな状況で、数時間保持することは「保管」には該当しない。

レンタルボート店まで運び移す行為は、当該行為は同一性・一体性のある場でなされていると解されるため、「運搬」には該当せず。

開催地を湖及びその隣接陸地(湖岸隣接道路に至らない範囲)に限り、かつ、当該湖でのリリースか殺処分を確実に行えば、外来生物法に抵触せず開催可能。

検量については釣り人が常時立ち会い、リリースは釣り人本人が行わないと「譲渡し等」違反や「放つこと」違反となる。

○パターン5

主催者

釣りクラブ

大会受付け

クラブ会長に連絡で登録

参加者

クラブのメンバー

開催場所

加古川

当日受付場所

河川隣接の公園

大会のルール

朝6時〜7時:受付けの上、各自レンタルボートで釣り場に向かう

徒歩及び自転車(自動車での移動は不可)

受付場所から上流橋1本目から下流橋2本目まで

検量時間11時〜12時

当日最大の魚を活かしたまま大会会場に持ち込み検量

魚は主催者が用意した用意したビニール袋に入れて持ち込む

検量方法

一匹の重量

検量後の魚の取扱い

会場前の加古川にリリース

表彰

重量順に表彰、解散

(外来生物法上の整理)

オオクチバスを、釣った場所と同一性・一体性のある川の水域に戻すか殺処分することが明らかな状況で、数時間保持することは「保管」には該当しない。

(河川隣接の公園が河岸道路より内側にあるのであれば)当該公園まで運び移す行為は、当該行為は同一性・一体性のある場でなされていると解されるため、「運搬」には該当せず。ただし、河岸道路で運び移す行為は、徒歩であれ自転車であれ、エアーを入れたビニール袋、クーラーなどにオオクチバスを入れて行う限り、「運搬」に該当する。

開催地を河川の一定水域及びその隣接陸地(河岸道路に至らない範囲)に限り、かつ、当該河川でのリリースか殺処分を確実に行えば、外来生物法に抵触せず開催可能。

検量については釣り人が常時立ち会い、リリースは釣り人本人が行わないと「譲渡し等」違反や「放つこと」違反となる。

○パターン6

主催者

釣りクラブ

大会受付け

クラブ会長に連絡で登録

参加者

クラブのメンバー

開催場所

加古川

当日受付場所

河川隣接の公園

大会のルール

朝6時〜7時:受付けの上、各自の釣り場に向かう

徒歩及び自転車(自動車での移動も可)

受付場所から上流橋2本目から下流橋3本目まで(約10qの間で釣った魚をもってくる

検量時間11時〜12時

当日最大の魚を活かしたまま大会会場に持ち込み検量

検量方法

一匹の重量

検量後の魚の取扱い

会場前の加古川にリリース

表彰

重量順に表彰、解散

(外来生物法上の整理)

オオクチバスを、釣った場所と同一性・一体性のある川の水域に戻すか殺処分することが明らかな状況で、数時間保持することは「保管」には該当しない。

河川隣接の公園が河岸道路より内側にあるのであれば)当該公園まで運び移す行為は、当該行為は同一性・一体性のある場でなされていると解されるため、「運搬」には該当せず。ただし、河岸道路で運び移す行為は、徒歩であれ自動車であれ、エアーを入れたビニール袋、クーラーなどにオオクチバスを入れて行う限り、「運搬」に該当する。

開催地を河川の一定水域及びその隣接陸地(河岸道路に至らない範囲)に限り、かつ、当該河川でのリリースか殺処分を確実に行えば、外来生物法に抵触せず開催可能。

検量については釣り人が常時立ち会い、リリースは釣り人本人が行わないと「譲渡し等」違反や「放つこと」違反となる。

○パターン7

主催者

クラブ

大会受付け

クラブの受付用紙により各釣具店で受付け

参加者

クラブのメンバーと一般参加者

開催場所

利根川

当日受付場所

河川敷

大会のルール

朝6時〜7時:受付けの上、ボート桟橋よりスタート

利根川河口堰から取手までの間

検量時間13時〜14時

ボートには魚を生かせる生簀等があること

3本までをキープし、3本以上釣った場合は、入れ替えること

検量方法

当日釣った大きい方から3本を活かしたまま大会会場に持ち込み検量

検量後の魚の取扱い

会場前の利根川にリリース

表彰

重量順に表彰、解散

(外来生物法上の整理)

オオクチバスを、釣った場所と同一性・一体性のある川の水域に戻すか殺処分することが明らかな状況で、数時間保持することは「保管」には該当しない。

河川の一定水域内で運び移す行為及び当該水域内で河川敷まで運び移す行為は、当該行為は同一性・一体性のある場でなされていると解されるため、「運搬」には該当せず。

開催地を河川の一定水域及びその隣接陸地(河岸道路に至らない範囲)に限り、かつ、当該河川でのリリースか殺処分を確実に行えば、外来生物法に抵触せず開催可能。

検量については釣り人が常時立ち会い、リリースは釣り人本人が行わないと「譲渡し等」違反や「放つこと」違反となる。

○パターン8

主催者

釣りクラブ

大会受付け

クラブの受付用紙により各釣具店で受付け

参加者

クラブのメンバーと一般参加者

開催場所

利根川、霞ヶ浦、北浦

当日受付場所

土浦港

大会のルール

朝6時〜7時:受付けの上、各自ボートでスタート

ボートでの移動は水がつながっていれば、どこまででもOK

5本までをキープし、5本以上釣った場合は、入れ替えること

検量時間13時〜14時

当日釣った大きい方から3本までを活かしたまま大会会場に持ち込み検量

検量方法

土浦港内にテントを設置、運営事務局が検量、運営側が土浦港へリリース

検量後の魚の取扱い

会場前の土浦港へリリース

表彰

重量順に表彰、解散

(外来生物法上の整理)

オオクチバスを、釣った場所と同一性・一体性のある川の水域に戻すか殺処分することが明らかな状況で、数時間保持することは「保管」には該当しない。

河川の一定水域内で運び移す行為及び当該水域内で河川敷まで運び移す行為は、当該行為は同一性・一体性のある場でなされていると解されるため、「運搬」には該当せず。

開催地を河川の一定水域及びその隣接陸地(河岸道路に至らない範囲)に限り、かつ、当該河川でのリリースか殺処分を確実に行えば、外来生物法に抵触せず開催可能(=釣り大会の開催は、同一湖沼又は河川の一定水域に限って行う必要あり)。

検量については釣り人が常時立ち会い、リリースは釣り人本人が行わないと「譲渡し等」違反や「放つこと」違反となる。

○パターン9

主催者

釣具店

大会受付け

釣具店店頭にて開催1週間前から当日まで

参加者

近隣の釣人、住所氏名を確認の上受付け

開催場所

溜め池

当日受付場所

溜め池の横の空地

大会のルール

朝6時〜7時:受付けの上、溜め池で釣りを始める

徒歩での移動

検量時間11時〜12時

釣ったら受付にて検量。検量後すみやかに池に戻す

検量方法

重量

検量後の魚の取扱い

参加者に返す

表彰

重量順に表彰、解散

(外来生物法上の整理)

オオクチバスを、釣った溜め池に戻すか殺処分することが明らかな状況で、数時間保持することは「保管」には該当しない。

(溜め池の横の空地が池の周囲に隣接する道路より内側にあるのであれば)当該空地まで運び移す行為は、当該行為は同一性・一体性のある場でなされていると解されるため、「運搬」には該当せず。ただし、池の周囲に隣接する道路で運び移す行為は、徒歩であれ自動車であれ、エアーを入れたビニール袋、クーラーなどにオオクチバスを入れて行う限り、「運搬」に該当する。

開催地を池及びその隣接陸地(池の周囲に隣接する道路に至らない範囲)に限り、かつ、当該池でのリリースか殺処分を確実に行えば、外来生物法に抵触せず開催可能。

検量については釣り人が常時立ち会い、リリースは釣り人本人が行わないと「譲渡し等」違反や「放つこと」違反となる。

○パターン10

主催者

釣りクラブ

大会受付け

運営事務局にファックスで申込み

参加者

150名程度(名簿あり)

開催場所

金砂湖(ダム湖)

当日受付場所

公園

大会のルール

朝6時〜7時:受付けの上、各自ボートでスタート

ダムサイトから上流まで、ボートには魚を生かせるものがあること

3本までをキープし3本以上釣った場合は、入れ替えること

検量時間11時〜12時

当日釣った大きい方から3本を生かしたまま大会会場に持ち込み検量

検量方法

検量会場の公園にて検量

湖岸から100m以内(公園のそばには県道)

検量後の魚の取扱い

会場前の金砂湖にリリース

表彰

重量順に表彰、解散

(外来生物法上の整理)

オオクチバスを、釣った湖に戻すか殺処分することが明らかな状況で、数時間保持することは「保管」には該当しない。

(公園が湖岸隣接道路より内側にあるのであれば)当該公園まで運び移す行為は、当該行為は同一性・一体性のある場でなされていると解されるため、「運搬」には該当せず。

開催地を湖及びその隣接陸地(湖岸隣接道路に至らない範囲)に限り、かつ、当該湖でのリリースか殺処分を確実に行えば、外来生物法に抵触せず開催可能(ダム湖と同一性・一体性のない上流との間でオオクチバスを運び移す行為は、生かす状態で行う限り「運搬」に該当)。

検量については釣り人が常時立ち会い、リリースは釣り人本人が行わないと「譲渡し等」違反や「放つこと」違反となる。

○パターン11

主催者

釣具店

大会受付け

当日・公共の駐車場のテント

参加者

近隣の釣人、住所氏名を確認の上誓約書とともに受付け

開催場所

溜め池及び川

当日受付場所

公共の駐車場

大会のルール

朝6時〜7時:各自周辺10キロ以内の釣り場へ

自動車での移動も可

検量時間11時〜12時

生きたまま大会会場に持ってくる。検量後釣った場所に持って帰る

誓約書あり

検量方法

重量

検量後の魚の取扱い

参加者に返す。参加者は各自の責任の下に釣った場所に戻す

表彰

重量順に表彰、解散

(外来生物法上の整理)

オオクチバスを、釣った池に戻すか殺処分することが明らかな状況で、数時間保持することは「保管」には該当しない。

移動範囲を池及びその隣接陸地(池の周囲に隣接する道路に至らない範囲)に限り、かつ、当該池でのリリースか殺処分を確実に行えば、外来生物法に抵触せず開催可能であるが、本ケースでは同一性・一体性のない溜め池・川と駐車場の間でオオクチバスを運び移す行為があるため、生かす状態で行う限り「運搬」に該当(=釣り大会の開催は、同一湖沼又は河川の一定水域に限って行う必要あり)。

検量については釣り人が常時立ち会い、リリースは釣り人本人が行わないと「譲渡し等」違反や「放つこと」違反となる。

○パターン12

主催者

インターネットショップ

大会受付け

ホームページ

参加者

全国の釣人、参加者登録はホームページ上で(ニックネームも可)

開催場所

ホームページ上

当日受付場所

特になし

大会のルール

指定日に参加者が全国各地で釣りに行き、釣ったその場で写真を撮り、写真を証拠として長さを申請する

検量時間11時〜12時

検量方法

長寸を各自が指定されたメジャーで計って写真を撮る

検量後の魚の取扱い

写真を撮った後、釣ったその場でリリース

表彰

重量順に表彰、解散

(外来生物法上の整理)

写真を撮るだけであればいわゆるキャッチアンドリリース。外来生物法の規制は適用されない。

○パターン13

主催者

釣具店

大会受付け

当日及び事前受付

参加者

全国各地からの参加者

開催場所

河口湖

当日受付場所

公園駐車場

大会のルール

徒歩で移動できる範囲で、釣った魚を生かしたまま、主催者指定の袋に入れて検量場所に持ち込む

検量方法

会場の公園にて重量を測定

検量後の魚の取扱い

河口湖にリリース

表彰

重量順に表彰、解散

(外来生物法上の整理)

オオクチバスを、釣った湖に戻すか殺処分することが明らかな状況で、数時間保持することは「保管」には該当しない。

(公園駐車場が湖岸隣接道路より内側にあるのであれば)当該駐車場まで運び移す行為は、当該行為は同一性・一体性のある場でなされていると解されるため、「運搬」には該当せず。ただし、湖岸隣接道路で運び移す行為は、徒歩であっても、エアーを入れたビニール袋、クーラーなどにオオクチバスを入れて行う限り、「運搬」に該当する。

開催地を湖及びその隣接陸地(湖岸隣接道路に至らない範囲)に限り、かつ、当該湖でのリリースか殺処分を確実に行えば、外来生物法に抵触せず開催可能。

検量については釣り人が常時立ち会い、リリースは釣り人本人が行わないと「譲渡し等」違反や「放つこと」違反となる。

○パターン14

主催者

ボート店

大会受付け

当日、公共の駐車場を借りる

参加者

全国の釣人、住所氏名を確認の上誓約書とともに受付け

開催場所

芦ノ湖

当日受付場所

公共の駐車場

大会のルール

朝6時〜7時:受付後ボートにて湖へ

2匹の長寸、2匹以上釣れた場合は入替え

検量時間11時〜12時

生きたままボート桟橋に持ってくる

検量方法

ボート桟橋にて2匹検量

検量後の魚の取扱い

検量後芦ノ湖へリリース

表彰

重量順に表彰、解散

(外来生物法上の整理)

オオクチバスを、釣った湖に戻すか殺処分することが明らかな状況で、数時間保持することは「保管」には該当しない。

(公共の駐車場が湖岸隣接道路より内側にあるのであれば)当該駐車場まで運び移す行為は、当該行為は同一性・一体性のある場でなされていると解されるため、「運搬」には該当せず。

開催地を湖及びその隣接陸地(湖岸隣接道路に至らない範囲)に限り、かつ、当該湖でのリリースか殺処分を確実に行えば、外来生物法に抵触せず開催可能。

検量については釣り人が常時立ち会い、リリースは釣り人本人が行わないと「譲渡し等」違反や「放つこと」違反となる。


以上
プリント用PDFファイルはこちら↓